おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

ビタミンCはお肌トラブルの救世主!と言えるくらい優れた成分。

シミ、くすみ、シワ、たるみなど年齢と伴に肌のトラブルがどんどん増えて、悩みに応じた化粧品を都度探すのは大変。

でも肌トラブルを一気に解決へと導いてくれる身近な成分があります。それがビタミンC

ビタミンCには老化の原因となる活性酸素を除去し抗酸化作用があるため、

シミの予防、薄くする、コラーゲンの生成、過剰な皮脂分泌を抑える、新陳代謝を促進させるなど、エイジングケア世代やニキビに悩む人にとっては嬉しい効果がたくさん

ビタミンC誘導体は、そのままでは酸化しやすく化粧品に配合しにくいビタミンCを使いやすくしたもの。ビタミンCよりも肌が乾燥しにくく、化粧水や美容液によく配合されています。

ビタミンC誘導体はこんな肌の悩みに
シミ、くすみ、シワ、たるみ、開いた毛穴、毛穴の黒ずみなど・・・

使って良かったビタミンC誘導体を厳選!

グラングレースローション

最新ビタミンC誘導体APIS!エイジングケア用ドクターズコスメ

総合評価:
メーカー名:エスト・コミュ
ビタミンC誘導体種類:両親媒性ビタミンC誘導体(APIS)
エイジングケア成分が豊富。高保湿
目的:シワ、たるみ、くすみ、シミ(美白)、毛穴

グラングレースローションの口コミを見る>>

サイクルプラス エンリッチローション

ビタミンC特有のピリピリ感が苦手な方に。優しいローション

総合評価:
メーカー名:ナリス化粧品
ビタミンC誘導体種類:両親媒性ビタミンC誘導体(APPS)
保湿力高めで乾燥肌でも使いやすい
目的:シミ(美白)、くすみ、シワ、たるみ、毛穴

サイクルプラスエンリッチローションの口コミを見る>>

種類の多いビタミンC誘導体化粧品。どうやって選べばいい?

ビタミンC誘導体はいくつかあり、それぞれ特徴が異なります。

用途や一緒に配合されている化粧品の成分などにより、どれが優れているか一概には言えないのですが、参考までにビタミンC誘導体の種類と特徴をまとめました。

1:水溶性ビタミンC誘導体

  • メリット即効性が高い、美白に効果を発揮しやすい
  • デメリット:油溶性に比べると持続力が短い(12時間くらい)、肌が乾燥しやすい、濃度が高いと肌に刺激を受けやすい

2:油溶性ビタミンC誘導体

  • メリット:浸透力は水溶性よりも高い、持続力が長い(24時間くらい)、乾燥肌・敏感肌でも使いやすい
  • デメリット:水溶性に比べると即効性がない(浸透がゆっくり)、ビタミンCへの変換が遅い

3:両親媒性ビタミンC誘導体(APPS、APIS)

油にも水にもなじむ進化したビタミンC誘導体。APISはAPPSがさらに進化したもの。現在はAPPSの方が多く市場に出ています。

  • メリット水溶性、油溶性の良い所どり。即効性、浸透力が高め。乾燥肌、敏感肌でも使いやすい
  • デメリット:値段が高め。APISを配合したビタミンC誘導体化粧品はまだ数が少ない

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

水溶性ビタミンCは上記で書いたように肌が乾きやすいといった欠点があります。しかし一緒に保湿成分が配合されている場合、潤いが十分なものも沢山あります。

自分に合うタイプを見つける!おすすめのビタミンC誘導体化粧品

私はここ数年間、エイジングケア目的でいくつかのビタミンC誘導体を使用してきました。

こちらでは、その中から目的に応じておすすめのビタミンC誘導体をご紹介しています。


シワ、たるみ、シミ、くすみなどエイジングケアをしたい人に

1:グラングレースローション

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

最新の両親媒性ビタミンC誘導体(APIS)を使用したローション。

肌老化に悩む人に作られたビタミンC誘導体化粧水で、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分も豊富。浸透力が高く肌が乾かずもっちりとした感触が1日続きます。

ビタミンC誘導体のタイプ
両親媒性ビタミンC誘導体(最新型ビタミンC誘導体APIS)

特に効果を期待できる悩み
シミ、くすみ、シワ、たるみ、毛穴の開き

グラングレースローションの口コミ→

2:サイクルプラス エンリッチローション

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

両親媒性ビタミンC誘導体(APPS)を使用したローション。

使う直前にパウダーをローションに混ぜて1か月で使うタイプ。新鮮な状態で使い切るので、ビタミンCのパワーを効率的に得られます。肌につけるとビタミンC特有の温かみを感じ、浸透力の良さに驚きました。

ビタミンC誘導体のタイプ
両親媒性ビタミンC誘導体(APPS)

特に効果を期待できる悩み
シミ、くすみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ、鼻の角栓、シワ、たるみ

サイクルプラスエンリッチローションの口コミ→

使用直前で混ぜて効果を最大限に生かすビタミンC誘導体

3:富士フイルムアスタリフトホワイトエッセンス インフィルト

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

水溶性ビタミンC誘導体を配合したシミ用美容液。潤いはあるのにべたつかず、爽やかで使い心地のよいジェルです。

肌の奥にある頑固なシミの骨に働きかけて分解する成分が含まれ、消えないシミに悩む人におすすめです。

ビタミンC誘導体の種類
水溶性(リン酸L-アスコルビルマグネシウム)

特に効果を期待できる悩み
しみ、くすみ

アスタリフトホワイトエッセンス インフィルトの口コミ→

頑固なシミに悩む人に


毛穴の黒ずみ、毛穴の開きをケアしたい人に

1:シーボディ VCシリーズ

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

最新の両親媒性ビタミンC誘導体(APIS)を使用した人気のシリーズ。

乾燥肌の私には保湿が足らなくて、評価低めにしてしまいましたが、浸透力の高いビタミンCによる皮脂を抑える力は強烈。

皮脂過剰気味の人には非常にあっているビタミンC誘導体セットだと思います。

ビタミンC誘導体の種類
両親媒性ビタミンC誘導体(最新型ビタミンC誘導体APIS)、水溶性ビタミンC誘導体

特に効果を期待できる悩み
シミ、毛穴の開き、黒ずみ、たるみ

2:プリモディーネ シーバムコントロールVCローション

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

肌の奥まで染み込むAPPS[アプレシエ]タイプのビタミンC誘導体。

とてもなめらかな使い心地で、まるで美容液のようなビタミンC誘導体化粧水で、乾燥肌の私でも使いやすく何度もリピートしています。

ビタミンC誘導体の種類
両親媒性ビタミンC誘導体(APPS)、水溶性ビタミンC誘導体
特に効果を期待できる悩み
シミ、くすみ、シワ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ、鼻の角栓

美魔女の水谷雅子さんも愛用


イオン導入用のビタミンC誘導体を探している人に

イオン導入とビタミンC誘導体は相性が良く、イオン導入をするとただ肌につける時と比べて数十倍もの浸透力があるといわれています。

1:スキンロジカル アミノシーローション

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

ビタミンC誘導体とアミノ酸が入ったローションで、スキンロジカルのブロードイオン導入器を購入した時におまけでついてきたもの。

アミノ酸が入る事でコラーゲン生成力がビタミンC誘導体だけの時よりもパワーアップします。

ビタミンC誘導体の種類
水溶性(アスコルビルリン酸Na、リン酸アスコルビルMg)
特に効果を期待できる悩み
シミ、くすみ、シワ、たるみ、乾燥、毛穴
スキンロジカル アミノシーローションの口コミ→

尚、スキンロジカルには、ビタミンC誘導体のみのVCローションもあります。

アミノ酸XビタミンCでパワーがアップ

ボタンを押すと、ブロードイオン美顔器のページへ移行します。

 

スマホやタブレットの場合、上の「アイテムから探す」→「イオン導入(導出)化粧品」をクリックするとローションが出てきます。

 

PCの場合、サイト一番下右にある「ご利用ガイド」→次のページの上部にある「商品一覧」をクリックするとローションが出てきます。
2:プリモディーネ シーバムコントロールVCローション

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?

浸透性の高いAPPSに加え、水溶性ビタミンC誘導体を含み、両方ともイオン導入が可能です。

イオン導入しなくても使えますが、イオン導入する事でさらにビタミンCのパワーがアップ。

ビタミンC誘導体の種類
両親媒性ビタミンC誘導体(APPS)、水溶性ビタミンC誘導体

特に効果を期待できる悩み
シミ、くすみ、シワ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ、鼻の角栓

美魔女の水谷雅子さんも愛用


ビタミンCより使いやすいビタミンC誘導体化粧品

肌にとって嬉しい効果ばかりのビタミンC。

しかしビタミンCは壊れやすい成分で肌に浸透しづらく、また酸化しやすくて安定性に欠くといったデメリットがあります。

せっかくの美肌効果を持ちながら、ビタミンCはその効果を発揮するのが難しい、というわけですね

そこで、ビタミンCを安定化させて使いやすくしたのがビタミンC誘導体です

ビタミンC誘導体は厚生労働省に医薬部外品として認められた有効美白成分。化粧品として使われてきた歴史も長く美白成分の中でも最も安心して使えるといっても良いでしょう。

朝のスキンケアにも使えるビタミンC誘導体

ビタミンC自体は酸化しやすいため、朝のスキンケアに使うとかえってシミが出来やすくなります。

そのため、朝のビタミンCの避けた方が無難です。

でもビタミンC誘導体は肌の中に入った後にビタミンCへ変換する為、日光の影響をうけません

つまりビタミンC誘導体はビタミンCと違って朝も使える、という事。お手入れをコツコツ続けられるのもメリットですね

おすすめのビタミンC誘導体化粧水|30代半ば以降が選ぶなら?
おすすめのビタミンC誘導体化粧品をチェックする▲