肌の水分量を増やす化粧水「カギはセラミド」!おすすめ化粧水5つ

肌の水分量を増やす化粧水

ローションパックをしたり、高保湿クリームも使ったりしているのに、一向に肌の乾きが収まらない、という乾燥肌やインナードライ肌の方は多いですよね。

私自身も皮膚が薄いため水分キープが難しく、以前はスキンケアしてもすぐ乾く肌でした。

肌の乾きが収まらない原因の多くは、角質層における、水分を保持する力が弱いことにあります。

その対策の一つが、角質層に水分を与える化粧水です

理想的な肌の水分量はどのくらい?

赤ちゃんの肌は、水風船のようにぷるぷるですが、肌の水分量は赤ちゃんの頃が約80%と最も高く、年齢と共に徐々に低下していきます。

理想の肌の水分量と油分量は以下が目安です↓

春・秋

水分:35%〜55%
油分:16%〜25%

目元

水分:35%〜55%
油分:16%〜28%

頬、口周り

水分:35%〜55%
油分:16%〜28%

水分:35%〜60%
油分:16%〜30%

目元

水分:35%〜55%
油分:16%〜30%

頬、口周り

水分:35%〜60%
油分:16%〜30%

水分:30%〜50%
油分:16%〜28%

目元

水分:35%〜50%
油分:16%〜30%

頬、口周り

水分:30%〜50%
油分:16%〜28%

水分量や油分量を測定できなくても、顔がつっぱったり、乾いているのに部分的にオイリーっぽいという時は、水分が不足している状態です。

肌の水分量が少ないとトラブル肌に!

肌の水分量が少なくなると乾燥はもちろん、ハリがなくなるために毛穴の開きや小じわが目立つようになります。

また、バリア機能が低下しているため、紫外線の影響も受けやすく、シミができやすくなってしまうんです。

保湿のために、乳液やクリームなど油分多めの化粧品を使いたくなりますが、水分量が不足していると判断した肌は、潤いを守ろうと皮脂を過剰に分泌します。

肌の水分が不足して良いことは一つもないんですね。美肌には水分多めで油分少なめのバランスが大切で、そのためにも肌の水分量を増やしていきましょう

肌の水分量を増やすには「セラミド」がカギ

セラミドを増やす化粧水

化粧品には美容液や乳液など様々なアイテムがありますが、角質層に水分を与える役目として適しているのは化粧水です。

そして、肌の水分量を増やすために、角質層の潤いの要であるセラミドを作る成分を補っていきましょう。

なんでセラミドなの?

お肌の保湿を守るのは主に次の3つ

  1. 天然保湿因子(NMF)を含む角質細胞
  2. 細胞同士をつなぐセラミドを主成分とした細胞間脂質
  3. 蒸散を防ぐための皮脂

このうち、細胞間脂質は角質層の潤い成分の約80%を占め、そのうちの約40%がセラミドです。

セラミドは、セメントのように細胞と細胞の間を固めて、水分を逃さない働きをするんですね。どんなに水分を与えても、セラミドが足りないとコンクリートの隙間から、水が漏れちゃいますよね。

水分を挟み込んで保持するセラミドを補ってあげることが、肌の水分量増加に必要です!

2つのタイプ別!肌の水分量を増やす化粧水の選び方

肌の水分量が不足して現れる肌トラブルはたくさんありますが、特に実感しやすいのが毛穴と乾燥に関するもの。

そこで、お悩み別に肌の水分量を増やす化粧水の選び方を紹介します。

肌の水分量を増やす化粧水「カギはセラミド」!おすすめ化粧水5つ

肌の水分量を増やす化粧水「カギはセラミド」!おすすめ化粧水5つ

インナードライ・毛穴悩み改善派におすすめ!肌の水分量を増やす化粧水

肌表面は脂っぽさがあるのに、内部が乾燥しているインナードライは、毛穴の開きや黒ずみ毛穴悩みがつきませんよね。

そこでおすすめなのが、セラミドの生成力を促すタイプの化粧水です。

代表的な成分では、お米から抽出したエキスを発酵させたライスパワーNo11があり、肌の水分保持機能が認められています。

肌の細胞が元気になることでターンオーバーが正常になり、肌機能を取り戻してセラミドの生成力がアップ!ふっくらと内側から肌が潤い、毛穴悩みも解消してくれます。

他にもセラミドの生成力を促す成分として、カンゾウ葉エキスやユーカリエキス、間接的な関わりですが、セラミドを生成する司令塔に働きかける保湿型ビタミンC誘導体といった成分もあります。

ライースリペアモイスチュアローションNo11/勇心酒造

ライースリペア,化粧水

肌の水分量を増やす成分:ライスパワーNo11、
その他の保湿成分:ヒアルロン酸など

ライースリペアモイスチュアローションNo11は、ライスパワーNo11を研究・開発した本家本元である勇心酒造の化粧水です。

角質層に浸透するのはもちろんのこと、表皮の最も下にある基底層まで素早く届くパワーがあります。

そのおかげで、肌の奥まで潤いに満たしてくれるだけでなく、ライスパワーNo11の効能である水分保持機能改善効果によって健康的なセラミドを作り出すことができます。

とろみ系の化粧水ですが、浸透力が高いので肌表面はべたつかず使いやすいうえに、内側から潤う肌になることできめが整い、毛穴悩みも解消してくれます。

すずらん
使い始めは保湿がイマイチな気がして、メーカーさんに問い合わせしてしまったほど。でも時間がたつにつれ、どんどん潤うようになってきました。口コミをみる>>
米肌肌潤化粧水/コーセー

肌の水分量を増やす化粧水「カギはセラミド」!おすすめ化粧水5つ

肌の水分量を増やす成分:ライスパワーNo11
その他の保湿成分:ビフィズス菌発酵エキス、大豆発酵エキス、乳酸Na、グルコシルトレハロースなど

米肌肌潤化粧水にはライスパワーNo11をはじめ、肌の水分量を増やす成分が豊富に含まれており、角質を柔らかくする角質柔軟オイルが、成分を浸透しやすく導いてくれます。

また、発酵ポリマーによってこれらを閉じ込めるので、長時間潤いを保つことができます。

浸透力が高いので化粧水の入りが良く、べたつきもありません。肌がふっくらする感覚を実感でき、乾燥はもちろんのこと、毛穴の開きが気にならなくなります。使い続けることで、毛穴が引き締まり、黒ずみ対策にもおすすめです。

すずらん
ゴワゴワした肌でも浸透していくローションです。私も好きですが、長年、毛穴の黒ずみで悩んでいた妹の肌がキレイになりました。口コミをみる>>

乾燥肌で保湿力重視派におすすめ!肌の水分量を増やす化粧水

乾燥肌の方は外部刺激を受けやすいため、セラミド配合の化粧水でバリア機能を高めていきましょう。

すぐにセラミドを取り入れられ、潤いを即効実感でき、乾燥がひどくなる秋冬のスキンケアにも活躍してくれますよ。

また、補い続けることでセラミドが増え、結果として肌の水分量を増やすことに繋がり、バリア機能向上と水分量アップの両方を叶えてくれます。

肌が乾燥するとヒリヒリ感などが出やすいため、低刺激なものを選びましょう。そして、セラミド単体だけでなく、他の保湿成分も配合された化粧水がおすすめです。

例えば、水分流出を防ぐパルマリン。そしてヒアルロン酸は1gで6Lの水分を抱え込むことができますが、一緒に補うことでセラミドがヒアルロン酸を挟み込んで逃さないため、結果として肌の水分量も増えます。

他にも、天然保湿因子やヒアルロン酸の2倍の保水力があるというリピジュアなど、多くの保湿成分がセラミドとの相乗効果をもたらしてくれます。

アヤナスローションコンセントレート/ディセンシア

肌の水分量を増やす化粧水「カギはセラミド」!おすすめ化粧水5つ

肌の水分量を増やす成分:セラミドナノスフィア
その他:肌の水分流出を防ぐパルマリン、コラーゲンを産生するCVアルギネートなど

アヤナスローションコンセントレートには、人の肌に近いつくりで肌馴染みや保湿力に優れているヒト型セラミドをナノ化し、4倍の浸透力を発揮するセラミドナノスフィアを配合しています。

瞬時にセラミドを補えるうえに、アヤナス独自技術のヴァイタサイクルベールが肌表面を包み込むので潤いを逃さず、外部刺激から肌を守ってくれます。

アヤナスローションコンセントレートは、ストレスによる肌荒れを緩和する成分や、コラーゲンなどの産出を促す成分も配合されており、肌の水分量を増やしながら肌荒れケアやハリ感をアップしたい方におすすめです。

すずらん
私にとっては保湿の救世主のようなセラミド化粧水。とにかく潤い、シワにもいいです口コミをみる>>
モイスチャライジングローション/エトヴォス

肌の水分量を増やす化粧水「カギはセラミド」!おすすめ化粧水5つ

肌の水分量を増やす成分:グルコシルセラミド
その他の保湿成分:POs-Ca(ホスホリルオリゴ糖Ca)、ラベンダー花エキス、ヒアルロン酸、リピジュア、天然保湿因子

肌表面のバリア機能以外にも、角質層の下にある顆粒層では、細胞と細胞を繋ぐタイトジャンクションという第2のバリア機能があります。

この働きが低下すると、セラミドや天然保湿因子の量が不足したり、ターンオーバーが乱れることに。

エトヴォスのモイスチャライジングローションは、POs-Caとラベンダー花エキスによってタイトジャンクションを形成し、セラミドを作り出して潤いを逃さない肌に導いてくれます。

そして、人間の肌にも存在し、セラミドの合成には欠かせないグルコシルセラミドや様々な保湿成分によって潤い補給ができ、肌の水分量を増やすことができます。

高保湿な化粧水らしく、もっちり肌になります。

すずらん
肌に負担をかけない事を第一としているブランドだけあって、とても優しく使いやすいセラミド豊富な化粧水です。一年を通して使いやすいですよ。口コミをみる>>
ヒフミドエッセンスローション/小林製薬

肌の水分量を増やす化粧水「カギはセラミド」!おすすめ化粧水5つ

肌の水分量を増やす成分:セラミド1、セラミド2、セラミド3
その他の保湿成分:リピジュア、グリセルグルコシド

ヒフミドエッセンスローションでは、ヒト型セラミドを3種類も使用し、その濃度は4%と高配合です。

使われているセラミド1、2、3は、どれも水分保持機能に優れたものばかりで、保湿力の高いリピジュアのおかげもあって肌の水分量を増やしてくれます。

さらに、ヒフミドエッセンスローションでは、肌の水分量を一定に保つ働きのあるグリセルグルコシドが、乾きやすい表面に水分を移行させてくれるので、潤った肌をキープ。

ハリのある肌が実感でき、乾燥による小じわにも使えます。

すずらん
製薬会社の化粧水なだけあって、肌が不調な時でも使いやすいですよ。