赤ら顔に!無添加ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

完全無添加に近い赤ら顔化粧水がある、という事で使ってみたULU(ウルウ)シェイクモイストミルク。

敏感な肌に負担をかけないよう、防腐剤やアルコール不使用はもちろん、界面活性剤や乳化剤までも使わないオールインワン化粧水です。

ウルウを使用した感想は、とにかく肌に優しい赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

私は皮膚が薄く炎症による赤みが出やすい事に加えて、毛細血管拡張しやすいタイプの赤ら顔ですが、ウルウはこの2点の赤みに十分使えると感じました。

ちなみに、ウルウにはアンボラエキスという、肌の赤みを抑えて赤ら顔対策ができる成分が含まれます。

赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

購入して驚いたのが、ウルウは洗顔にも使えるという点。

洗顔料の機能をもたせたのは開発者さんのこだわりのようです。というのも、顔を洗うこと自体、水(特に熱いお湯)、摩擦により肌の保湿成分セラミドなどを洗い流してしまい、肌バリアの低下を招くからです。

洗顔料に含まれる界面活性剤もやはり肌に負担をかけるので、界面活性剤不使用のウルウで水やお湯を使わず、肌バリアを守るというのが、製品のコンセプトのようです。

肌に悪いものは一切使わないという赤ら顔オールインワン、ウルウの感想を「化粧水」と「洗顔」の2つの機能に分けてお伝えしていきます

ウルウ化粧水はこんな赤ら顔におすすめ

  • ◎ 毛細血管が広がって赤くなる
  • ◎ 炎症により赤みが出る
  • ◎ 皮膚が薄い乾燥肌・敏感肌・インナードライ肌
  • △酒さ

ULUシェイクモイストミルク:化粧水としての口コミ

赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

総合評価:
使用者:すずらん(管理人)
使用年齢:40代前半
肌質:乾燥肌
購入回数:1回
保湿 低刺激
赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ 赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

贅沢な成分を配合。しかし保湿が物足らない△

赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

ウルウをオールインワンとして使うと、私が乾燥肌だからなのか・・・ウルウの使用直後はお肌がたぷんとなってとても良いのですが、だんだん肌が乾いてきます。

でも、ウルウに配合されている成分はとても贅沢で保湿力の高いものが多いんですよね

ウルウの保湿成分
セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6U、スクワラン、トレハロース、ヒアルロン酸、ホホバ種油

贅沢にも浸透力が高いヒト型セラミドを5種類も使っているのに加え、スクワランなど皮脂になじみやすく、乾燥肌の私好みの成分です。

なのに潤い不足に感じてしまう...

ウルウは質のいいセラミドをたっぷり使っているからかなり期待していましたが、セラミドは保水効果が高いとはいえ、オールインワンとして使うには、超乾燥肌の私には保湿不足。使用前に化粧水を足す必要がありました。

保湿力に関しては、個人差があり、当サイトでウルウのレビューをした、30代のさくらさん(混合肌)は、ウルウ1つで保湿に問題なかったそうです。(参考:ウルウ化粧水の口コミbyさくら)

化粧水をプラスすると保湿力が上がった

ウルウの前に化粧水を使ったら保湿が続くようになりました。私は皮膚が薄くて水分をキープしにくい肌をしているからかもしれません。

界面活性剤を使わず肌に優しいから敏感肌にとても良い◎

赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

乾燥が気になったとはいえ、ウルウは非常に肌に優しく作られている化粧水です。

「無添加」という言葉は化粧品でよく使われますが、何をもって無添加というのかは各社ばらばらです。というのも、無添加化粧品とはこうあるべき、という決まりがないからです。

一般的には、次の成分が入っていなければ無添加、とうたうメーカーが多いです。

「パラベン(防腐剤)・アルコール・フェノキシエタノール(防腐剤)・香料・着色料・鉱物油」

ウルウの場合、さらに界面活性剤という多くの化粧品に使われ、肌バリアを壊す事もある添加物を入れていません。

多くの化粧品に使用される界面活性剤

界面活性剤は化粧品の水と油を混ぜ合わせる働きをします。普通、水と油は混ざらないですよね?同じお皿にそれぞれ入れても分離しているだけです。

それを混ぜ合わせられるのが界面活性剤です。クリームや乳液を作る乳化剤、洗顔をする際に汚れを落とす洗浄剤などに界面活性剤が使われます。

化粧品の他、シャンプーや台所洗剤などに使われ便利な成分ですが、肌バリアを壊してしまうという困った性質があります。最近の化粧品に使われるものは、使い方に気を付ければ大きな問題にはなりませんが、界面活性剤を使いすぎると肌に良いものを使っているつもりでせっせと肌バリアを壊している、という事にもなります。


赤ら顔の原因の一つにバリア機能が落ちて炎症が収まらない、というものがあります。このバリア機能を守って炎症を起こさせないようにするのがウルウです

赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

ウルウシェイクモイストミルクの水と油が分離しているのがわかるでしょうか?

普通の化粧水や乳液と見た目が違うので、少しびっくりですが、この分離こそが、ウルウがお肌に優しい理由です。

ウルウはそのままだと、界面活性剤不使用不使用により水と油が分離しているので、自分でシャカシャカ降って成分を混ぜ合わせます。

面倒ですが、その分肌に負担をかける成分を使っていないのでとても大切な作業です。

浸透にはエイジングケアに良いマイナスイオンを使用

界面活性剤を使わないデメリットとして肌に浸透しにくいというものがあります。いくら肌に優しくても全く浸透しなければ意味がない、という事で、ウルウは医療用に開発された「特殊浸透水」を使用。

この特殊浸透水は、単に化粧水成分を肌に浸透させるだけでなく、マイナスイオンの力により美肌効果も期待できるそう。

というのも、肌はストレスや紫外線、老化などにより酸化するとプラスイオンが増えて、シミ、シワ、くすみ、たるみなどつくります。それを中和するのがマイナスイオンの働きです。

同年代の人と比べて老けやすいと感じている人は、マイナスイオンの力を借りるのも良いですね

ULU(ウルウ)は赤ら顔には効果あった?

ウルウには、アンボラエキスという赤みを抑える植物成分が入っていて、炎症による赤ら顔や、毛細血管の広がりによる赤ら顔に効果的です。

私は少し皮膚に触っただけでも顔が赤くなるタイプで、肌が不調だと髪の毛やマフラー、セーターがあたっただけでも顔が赤くなります。

ウルウ使用時は特に赤みが出る事がなかったので、自分には合っていたようです。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク:化粧水としての口コミまとめ

  • 水分をキープしにくい乾燥肌の私には潤い力が低い。化粧水を足せばOK
  • 界面活性剤不使用なので、炎症による赤みや敏感肌に特に良い
  • マイナスイオン効果により老化対策もできる

肌に負担をかける界面活性剤不使用のウルウを見てみる>>

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク:洗顔料としての口コミ

赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

ウルウの洗顔料としての仕組み

ウルウを購入して一番びっくしたのが、洗顔としての機能もついているという事。(メイクのクレンジングは落としません)

ウルウが洗顔料の役目も果たす理由は、「マイナスイオン」水を使っているからです。

プラスイオン、マイナスイオンと聞いた事がある方もいるかもしれません。イオン美顔器などが有名ですね。

皮脂の汚れ・メイク汚れはプラスイオンです。プラスイオンにマイナスイオンを近づけると磁石と一緒で、お互い吸着します。

ウルウはマイナスイオン水を使う事で、肌に刺激を与えず、プラスイオンである皮脂汚れやメイク汚れを除去できるんですね

なぜわざわざ洗顔の機能をもたせたか?

化粧水としての機能の所で、界面活性剤が肌バリアを壊してしまう可能性がある事を書きましたが、特に洗顔料に配合される界面活性剤は強いものが多いです。

汚れを落とすと同時に肌バリアを守るセラミドなど重要成分も無くしやすいんですよね。また洗顔時は水を使うので、水道水に含まれる残留塩素により肌を傷つけるともいわれています。

この肌に負担をかける界面活性剤、水道水の使用を避けるため、ウルウには洗顔の機能もつけられています。

実際にウルウを洗顔料として使ってみてどうだった?

赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

ウルウで洗顔する時は、コットンをつかうのですが・・・・

私は正直、コットンによる摩擦の方が気になって、ウルウでの洗顔は2回くらいでストップしてしまいました

マイナスイオンで汚れを吸着するので、コットンで肌をこするわけではないのですが、ふき取り洗顔自体がどうしても苦手で。

コンセプトはとても良いと思うのですが、個人的には、水道水を使ったり界面活性剤入りの洗顔料を使った方が、コットンでふき取るよりも肌への影響が少ないように感じました

私が不器用なだけかもしれませんが

ただウルウが合う人は、コレ1本を持っていれば、洗顔〜スキンケアが完了するので旅行の時に便利ですね

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク:洗顔料としての口コミまとめ

  • 洗顔料に使われる強い界面活性剤を使用していないので敏感肌に良い
  • 塩素を含んだ水道を使う必要もないので、肌に刺激を与えにくい
  • ただしコットンでふき取るので、摩擦が気になり、個人的には使いにくい

個人的には使いづらい面もあるが、商品自体はとても良い

赤ら顔に!ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク|乾燥肌の口コミ

ウルウは、超乾燥肌の私がこれ1本で使うには、合わない部分もありましたが、

それでも長々と書いたのは、商品自体はとても良いものだと思うからです。敏感肌で合う化粧品がない、炎症による赤みが消えない、という悩んでいる人向けに一生懸命作られたオールインワン化粧水という印象です。

すぐに水分が蒸発してしまう私には、潤い不足とはいえ、

  • インナードライ
  • 毛穴の開き
  • ひどい乾燥肌じゃないけれど敏感肌
  • 炎症による赤ら顔に悩んでいる

こういう方には良い化粧品だと思います。なんといってもオールインワンでこれ1本で済むのでコスパも良いです

私のような乾燥肌の人が使う場合、もし保湿不足だったら手持ちの化粧水を追加してみてくださいね。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクの評価:3.0/5.0by すずらん(購入回数1回)



厳しい無添加基準を設けたウルウ(ULU)
無添加化粧品という名前の付くものは多いけれど、どこまでを無添加というのは各社バラバラです。ウルウは、防腐剤やアルコール、着色料はもちろん、界面活性剤、乳化剤も使わず、肌への負担を徹底的に減らした化粧品です。

これらを使わないと化粧品を製造する事は難しく、実際、無添加化粧品の多くにも含まれています。しかしウルウはマイナスイオンを配合した特殊浸透水により、界面活性剤、乳化剤不使用の化粧品を実現。
肌内部にあるプラスイオンにマイナスイオンが引き寄せられ美肌成分が浸透していくので、肌へすみずみまで浸透していきます。

この特殊浸透水は医療にも使われるもので、含まれるマイナスイオンには、シワやシミの原因であるプラスイオンを中和する働きもあり、エイジングケアにも使えます。成分にこだわったウルウは、お肌に悪いものを与えたくない意識の高い方や、敏感肌や炎症が続く赤ら顔の方に大変人気です。

ウルウ(ULU)を使う際に注意する事
防腐剤を使っていないため、早めに使い切る必要があります。開封後は2か月以内、未使用で1年以内です。

ウルウは110ml入りの1か月用のボトルと、240ml入りの2か月用のボトルがありますが、防腐剤が入っていないため1か月用のボトルの方が安心して使えるかな?と思います。浸透力が高く、乾燥肌の場合はかなり量を使うので、その際はコスパの良い大ボトルで良いと思いますが、最初は110mlから初めて、ご自分の肌の調子を見ながらサイズを決めていく事をおすすめします。

赤ら顔化粧水

私は以前アトピー性皮膚炎で顔にもステロイドを長期間塗っていたせいで皮膚が薄くなり赤ら顔になりました。 運動後、風呂上がり後、暖房がついた部屋にいる時などなど、顔が真っ赤になります。 化粧品は現在ウルウを使ってますが可もなく不可もなく、、といった感じです。 しろ彩は合わなかったです。

美容外科のレーザー治療で赤ら顔が治った方いませんか? - 詳細を教えて下さい。... - Yahoo!知恵袋