一瞬で柔らかい肌!ロゼットオウンセラバランシングミルクの口コミ

一瞬で柔らかい肌!ロゼットオウンセラバランシングミルクの口コミ

洗顔直後は化粧水を使うのが好きな私ですが、皮膚が固くなっている時の保湿に良いと聞き、ロゼットオウンセラの先行乳液バランシングミルクを使ってみました。

正直、化粧水より先に油分をつけちゃうと、化粧水の浸透が悪くなってしまうのでは・・・という不安がありましたが、その逆...!

例えていうなら、先行乳液バランシングミルクを使うと、高野豆腐にお水を注いだみたいに、肌がふわっと柔らかくなります。

その柔らかくなった状態で化粧水を注ぎ込むので、肌のすみずみまで潤います

一瞬で柔らかい肌!ロゼットオウンセラバランシングミルクの口コミ

特に化粧水の浸透が悪くなる寒い冬や、夏の終わりのゴワゴワ肌にとても良いと思いましたよ

総合評価:
使用者:すずらん(管理人)
使用年齢:40代前半〜
肌質:乾燥肌
購入回数:2回〜

ロゼットオウンセラバランシングミルク
公式ページ

先行乳液オウンセラバランシングミルクの3つの効果!

一瞬で柔らかい肌!ロゼットオウンセラバランシングミルクの口コミ

  1. 柔軟+浸透力アップ!ごわごわ肌が柔らかくなり、化粧水がしみ渡る
  2. 高保湿!これ1本でも十分と思えるほどの潤いあり
  3. コラーゲン産生のおかげ?肌にハリ感もでる
柔軟+浸透力アップ!ごわごわ肌が柔らかくなり、化粧水がしみ渡る

冬になると血行不良で、化粧品の浸透力が悪くなりがち。

そんな時、スキンケアの前に蒸しタオルで顔を温めると、ほぐれて化粧品の浸透が抜群に良くなりますよね?

それと同じような感覚が、この先行乳液のオウンセラバランシングミルクにはあります。

なぜでしょうか?

先行乳液に限らず、もともと乳液には肌を柔らかくする働きがあります。

この乳液の特徴を生かしたのが、オウンセラの先行乳液バランシングミルクです。

普通の乳液とオウンセラの乳液が違うのは、使用後に化粧水が浸透するかどうか。

通常の乳液は皮膚の上に薄い膜が張ったような感覚があり、その後に水分を入れても浸透しませんが、バランシングミルクは隙間が出来てしまった角層を埋める事で、逆に水分をキャッチしやすい状態にするんですね。

蒸しタオルを使った時と同じように肌が柔らかくなり、あとに使う化粧水がぐんぐんしみ込んでいる感覚が、オウンセラのバランシングミルクにはあるんです。

寒くて血行の悪い冬や加齢や日焼けなどで皮膚が固くなっている時、化粧品の浸透を促して肌の調子を整えるのに便利ですよ。

化粧水の浸透が良いので重ねづけ不要になり、コスパも良いです

高保湿!これ1本でも十分と思えるほどの潤いあり

一瞬で柔らかい肌!ロゼットオウンセラバランシングミルクの口コミ

バランシングミルクだけでも保湿が済んじゃうんじゃないかと思えるくらい、高保湿です。

その理由の1つが、天然セラミド(馬セラミド)、セラミドを産生するハトムギ発酵液、セラミド由来のリフトケア成分、浸透型コラーゲン等、肌の保湿に重要な成分が含まれるから。

そしてもう1つの理由が、天然セラミドを洗顔直後に与えられるからです。

セラミドは、肌の水分キープに欠かせない成分で、不足すると乾燥、肌荒れ、シワ、シミの原因になります。

乾燥敏感肌の私のようなタイプは、もともとのセラミド量が少ないので、基本的に毎日、化粧品でセラミドを補うようにしています。

このセラミドは水と油でいえば、油の方がなじみい性質。化粧水よりも乳液でセラミドを補った方が、さらにセラミドの高い効果を期待できるんですね。

洗顔直後の何も入っていない肌に、乳液でセラミドをするっとなじませらる、というのは、乾燥、肌荒れ、シミ、シワなどセラミド不足が引き起こす肌トラブルが気になる人には大きなメリットなんですよ!

コラーゲン産生のおかげ?肌にハリ感もでる

オウンセラシリーズ共通ですが、コラーゲンを浸透させるだけでなく、コラーゲン産生のサポートもします。

シワ、たるみに欠かせないコラーゲンを肌自ら作るようサポートするので、お肌のハリ感がでてくれます。

シワだけでなく、毛穴の開きやたるみにも使えます

コットンを使わない&6つの無添加で敏感肌でも安心

ブランドによっては、先行乳液をコットンで使用するものもあります。

ただ、皮膚が薄い私はコットンだと摩擦で赤くなっちゃうんですよね

摩擦が起きる=セラミドを失ってシワやシミの原因にもなるので、乾燥敏感肌の私にとっては、コットン使用はぜひ避けたいところ。

オウンセラの先行乳液は手で優しくなじませればよいので、摩擦による肌ダメージの心配がありません。

手で使うから優しいだけでなく、弱酸性・無香料・無着色料・無鉱物油、アルコールフリー・パラベンフリー・石油系界面活性剤フリーと、化粧品成分の肌への優しさも安心です。

先行乳液オウンセラバランシングミルクの使い方

一瞬で柔らかい肌!ロゼットオウンセラバランシングミルクの口コミ

@洗顔直後、化粧水の前に使います。

1プッシュで顔全体+首元まで塗れるので、出し過ぎに注意!

最初、化粧水の時の癖で2プッシュ出してしまったこともあり、ちょっともったいないこともありました。

Aバランシングミルクの後に使う化粧水は、オウンセラの化粧水がおすすめ

他ブランドの化粧水でもいくつか試してみたのですが、同じオウンセラシリーズの化粧水「アクアトリートメント」を一緒に使うと、より浸透力がありました。

一瞬で柔らかい肌!ロゼットオウンセラバランシングミルクの口コミ

肌が固くて化粧水を使ってもイマイチ浸透しない、という方は特に、同じオウンセラの化粧水を使うと良いですね。

B化粧水の後、スキンケアの最後にバランシングミルクを使っても良い

オウンセラをシリーズ使いする時は、次の順番になります。

この先行乳液(バランシングミルク)→化粧水(アクアトリートメント)→保湿クリーム(リペアフィルム)

ただし、最後の保湿クリーム(リペアフィルム)の代わりに、再び乳液(バランシングミルク)を使っても問題ありません。

オウンセラ公式ページでも、以下のように使い分けを紹介しています。

一瞬で柔らかい肌!ロゼットオウンセラバランシングミルクの口コミ

  • より保湿感を求める方は、クリームのリペアフィルム
  • さっぱり仕上げたい方は、バランシングミルク

重要なのは、化粧水を使った後、セラミドの入った油分でサンドイッチ状態にすることです。

ちなみに、乾燥肌の私は保湿クリームのリペアフィルムを使っています!

一瞬で柔らかい肌!ロゼットオウンセラバランシングミルクの口コミ

先行乳液オウンセラバランシングミルクのまとめ

  • 血行不良で固くなっていた肌が一瞬で柔らかくなる
  • バランシングミルクだけでも保湿が続く
  • その後の化粧水の浸透が良く重ねづけ不要でコスパが良い

乳液を最初に使う事で、セラミドをサンドイッチ状態にし潤いを逃さないから、ひどい乾燥肌の人には特におすすめです。

先行乳液を使った事がないという方は、ぜひお試しセットで柔らかい肌と長く潤う感覚を味わってみて!

1回の使用でも、肌の違いにびっくりするはずですよ

ロゼットオウンセラバランシングミルクの評価:4.5/5.0by すずらん(購入回数2回)

バランシングミルク全成分
水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 、DPG、グリセリン、ホホバ種子油、BG、ペンチレングリコール、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルグルタミン酸ジオクチルドデシル、メチルグルセス-10、セレブロシド(天然セラミド)、サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液、ノイバラ果実エキス、イソステアロイル加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、グリチルレチン酸ステアリル、シロキクラゲ多糖体、アルカリゲネス産生多糖体、ヒドロキシプロリン、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、イソステアリン酸、エチルヘキシルグリセリン、水添レシチン、ベヘニルアルコール、水酸化K、カルボマー、トコフェロール、フェノキシエタノール

ロゼット・オウンセラの関連記事

【オウンセラベーシックケア3点セット】
ロゼットオウンセラベーシックケア3点セット
ロゼットオウンセラの口コミ